07 << 2017/08 >> 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
素人による素人のための健康レビュー!! TV・ラジオでオンエアされた今一番ホットな「怖~い病気」を仮想クランケになってレビューします。なお、当ブログは番組レビューによる雑文集です。ご自身の健康問題に関しましては、専門の医療機関にご相談ください。
スポンサーサイト
-- ----- -- --:--:--
[ スポンサー広告 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- │  comment: --
全般性不安障害
2008 05-10 Sat 00:00:08
[ 頭痛 ]
05/04/19オンエア / 本当は怖い家庭の医学より 朝日放送
『本当は怖い頭痛

頭痛のタネ」と簡単に言うが、タネは一つではないし、本当は痛みを伴わない類のタネもあって、この場合はむしろ「悩みのタネ」に近いのかもしれない。
番組構成上の「タネ」は、私が思うに、いずれかと言えば後者に近いかなと思っていたが、先々、痛みまで伴ったようだ。

その「タネ」とは子息のことだった。神経質で心配性の性格から、家を空けるというだけでいつも一苦労の母親にとって、最大の心配事は息子の高校受験。母親として合格のために全力を注いでいたが、ちょっと息子の帰りが遅くなっただけなのに異常に心配になって、頭の後ろ側が締め付けられるような痛みを感じた…。(1)頭痛の他には、(2)肩こり、(3)不眠、(4)落ち着かないとあって、私の場合は(3)、(4)を欠いているので、ひとまず安心かな?
肩こりは、ウン十肩だと自己診断しているし…(笑)

--閑話休題--
そもそも、かつては四十肩という言葉が一本だけだったと記憶しているが、いつの間にやら五十肩という言葉が登場したようだ。平均寿命が延びたから? 別に、年齢を詐称しようなどと思わなくとも、使い方とその人の年齢によっては、なんだか正確性を欠いているようで気持ちが悪い。この二つの呼称によって示される病気に、そもそもの原因や明らかな症状の差でもあればだが、どうもそういった理論的な使い分けがされている風でもなく。それであれば余計に過敏になることも無かろうに、と思いながら、私の場合にどちらを使用するが適当なのか、やはり悩んでいる。我ながら可笑しい。
--ここまで--

本筋に戻って、番組HPではこう解説している。

全般性不安障害とは、はっきりした原因は分かっていませんが、精神を安定させる物質セロトニンが不足することで脳が過敏になり、不安が抑えられなくなる病。中高年の女性に多く、不安にさいなまれ続けることで、やがてはうつ病を発症。社会生活を送れなくなることもあります。では一体なぜT・Nさんは、全般性不安障害になってしまったのでしょうか?最大の要因は彼女の性格。そう、T・Nさんのように、神経質で心配性の人がこの病にかかりやすいのです。そして、もうひとつの原因がストレス。T・Nさんのように、息子の受験といったストレスが引き金となって発症するケースが少なくないのです。やがて症状が進むと、T・Nさんは将来に対する漠然とした不安に悩まされるようになりました。実はこれこそ、全般性不安障害の最大の特徴。未来の出来事に対しあれこれ心配してしまう、いわゆる「取り越し苦労」に苦しめられるのです。とはいえ、先のことを考えて不安になるのは誰にでもあること。病気と見分ける方法はないのでしょうか?そのポイントこそ、最初にT・Nさんを襲ったあの頭痛肩こり。あれは、過敏になった脳が周囲の筋肉を緊張させたために起きたもの。この病の重要なサインだったのです。しかしT・Nさんはサインに気づかず、その取り越し苦労は、一層エスカレートしていきました。そして、起こり得ないことに対する不安まで、抑えきれなくなってしまったのです。幸い、T・Nさんは、この段階で心療内科を受診。現在は、投薬治療によって取り越し苦労から解放されました。」(引用ここまで)

冒頭「頭痛のタネ」と「悩みのタネ」を訳知り顔に区分けしていたが、悩みの末の頭痛肩こりが病気のサインとなると、素人考えで分けてもおけない。

番組によれば、ネガティブな考え方の人が全て「全般性不安障害」を発症するわけではない、としているが、なりやすい性格だと自覚することも大切とされている。したがって、頭痛や肩こりなどが長引く場合には、迷わず心療内科などでの相談を勧めている。

ということは、頭痛や肩こりだけでも、要注意ということか。

たかが頭痛・肩こり…されど頭痛・肩こり…だ。



2008 05-08 Thu 08:00:00
[ AED ]
つい最近のことだが「AED」…自動体外式除細動器という装置のことを中心に、救急救命医療についてまとめられたTV報道を観た。
強い関心があり、ブログ仲間とやり取りをしている中で、災害ボランティアコーディネーターの認定を受けている「バーニー氏」も関心を寄せていることを知った。
その彼が、不定期のシリーズでAEDについて執筆するというので、ここでご紹介をしておこう。

 ⇒ バーニーの災害ボランティアコーディネーター日記

「AEDのこと(序章)」として、連載が始まったばかりなので、ご関心がありましたらどうぞ。

レム睡眠行動障害
2008 05-08 Thu 00:00:05
[ 寝言 ]
06/11/07オンエア / 本当は怖い家庭の医学より 朝日放送
『本当は怖い寝言』

最近、よくレム睡眠ということを聞くが、ここで整理してみよう。
レム睡眠とは、浅い眠りの状態のことで、夢を見ていることが多く、通常の場合は、脳が覚せいした状態に近く、眼球は激しく動いていて体の筋肉が緩んでいる状態にあるそうだ。
名称の「REM」は「眼球の激しい動き」のことを指している。

さて、番組における今回の症状は(1)はっきりとした寝言、(2)眠りながら動く、(3)(妻の)首を絞める とある。
(3)をよろしく、寝たふりして奥さんの首を絞めた経験の持ち主がどれほどあるか、定かではないが、寝たふりしなくても首を絞めたい瞬間って、あるよね…。
いやいや、同意など求めてはならないが、幸か不幸か私の場合は10年以上もの長期にわたって未遂のまま推移している。

このレム睡眠行動障害は「RBD」とも記すことがあり、喧嘩をしたり、追い掛けられるなど、暴力的な夢を頻繁に見ることから始まって、その後に数カ月から1年を経過する頃には、睡眠中に大声を出したり、症状にあったような首を絞めるなどの暴力を振るうなどが徐々に出てくるんだそうだ。

番組HPを引用してみよう。

「レム睡眠行動障害とは、夢で体験していることを、そのまま言葉として発したり、行動に移したりしてしまう病のこと。原因は、はっきりとはわかっていませんが、S・Hさんのように真面目でストレスをためやすいタイプが発症しやすいと言われています。ある調査によれば、現在、この病の患者数は推計12万人。しかも、その8割が、50代以上の男性だと報告されています。では一体なぜ、S・Hさんのような異常行動が起きてしまうのでしょうか?そもそも人間の眠りは、二つの状態を交互に繰り返すことで成り立っています。眠りが浅く、夢をみる「レム睡眠」と、眠りが深く、夢をみない「ノンレム睡眠」です。健康な人の場合は、夢を見ているレム睡眠中には、脳からの命令が遮断され、寝言を言うことも体を動かすこともありません。寝言を言うのは、夢をみていないノンレム睡眠のときだけ。寝言と夢とは、実は全く関係がないのです。ところが、この病を発症すると、脳幹部の機能が低下。レム睡眠中にも関わらず、脳の命令がそのまま体に伝わり、夢の中で発した言葉や行動が、実際に寝言や体の動きとなって現れてしまうのです。そのため、このように「夢の内容と一致した寝言」を言うようになるのです。さらにもう一つ、この病に気づくポイントがあります。それが夢の内容。この病になると、誰かと争ったり、何者かに襲われたりするなど、悪夢をみることが増えてくるのです。幸いS・Hさんは、大事に至ることはなく、今では医師の処方した薬で平穏な夜を取り戻すことができました。」(引用ここまで)

そう言えば、一年ほど前のことだが、家人から
「××さんって誰? 寝言で名前を出して喧嘩していた」
そう、たびたび指摘されたことがある。

「天井に向かって、布団に膝蹴りしていた」
とも言われたことがあった。
起きているときに膝蹴りしたことなど毛頭なく、非暴力・平和主義を自認する私のこと(笑)、さてどんな様だったか、興味が湧いてきた。

たしかに、その××とは仕事の関係で大層な迷惑を蒙っていた御仁の苗字であり、おそらく、夢の中の登場人物はその彼だったのであろう。
しかし、夢にまで登場した上に、さらに私を悩ませるとは、さぞかし念の入ったことで、××にしてみれば寝る間もなく忙しかったろうに(笑)。
それくらいに、あちこちに顔を出して存在感を示しておかなければ、あの彼の当時の立場はなかろうに…、さもありなん。
などと、妙に感心してしまった。

お陰なことに、××の存在が私の目の前から、そして世間様の目からも遠いところに行ってしまったのを機に、私の寝言も収まってしまったようだ。

私の場合は、医者にかかったでもなく快方に向かったわけで、おそらくストレスの原因が取り払われたからなのだと思う。

病は気から…
まことに月並みな一言だが、目の前から失せることにより、私を快方に向かわせてくれた××に、今では感謝している…って、見え見えで、かえって嫌味かな?



copyright © 2005 怖~い病気のお話 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


template by
http://flaw.blog80.fc2.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。