09 << 2017/10 >> 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
素人による素人のための健康レビュー!! TV・ラジオでオンエアされた今一番ホットな「怖~い病気」を仮想クランケになってレビューします。なお、当ブログは番組レビューによる雑文集です。ご自身の健康問題に関しましては、専門の医療機関にご相談ください。
スポンサーサイト
-- ----- -- --:--:--
[ スポンサー広告 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- │  comment: --
慢性硬膜下血腫
2008 04-19 Sat 00:00:13
[ 足のしびれ ]
04/09/07オンエア / 本当は怖い家庭の医学より 朝日放送
『本当は怖い足のしびれ』

例のドラマ仕立ては、たまったストレスのせいで酒量が増え、酔って尻餅をつき、右足首をねんざしてしまったという設定。ねんざの痛みは5日ほどで消えたが、1ヵ月後に右足がしびれ始めてきた。その後に引き続き次々と異変が…。

症状は、(1)足のしびれ、(2)箸が上手く使えない、(3)計算が出来ない、(4)もの忘れ、(5)失禁

この(1)足のしびれと慢性硬膜下血腫を結び付けている。

拙所における前回が「くも膜」を扱っていたが、今回は「硬膜(こうまく)」。これに軟膜(なんまく)を加えて、脳は3つの膜で包まれているという。何らかの原因で硬膜とくも膜の間で出血が起こると、血腫という血の袋ができることがあるそうだ。

以下に、同番組のHPから抜粋して引用した。

「慢性硬膜下血腫とは、この血の袋(注:前出)が肥大化し、脳を圧迫することで起こる恐ろしい病気。K・Mさんが慢性硬膜下血腫になった原因は、日々の生活にありました。彼が30年以上、毎晩のように飲んでいた多量のお酒。お酒に含まれるアルコールには大量に摂取すると、脳の神経繊維を破壊する働きがあります。そのため、神経繊維が減少してしまったK・Mさんの脳は、時とともに萎縮。結果、脳とくも膜の間に、隙間ができてしまいました。その結果、脳は通常よりも弱い衝撃で、大きく振動してしまうようになったのです。しかし、K・Mさんは頭をぶつけたりしたことはありませんでした。一体、なぜ血腫ができてしまったのか?その原因は、意外にも尻餅でした。アルコールによって隙間のできたK・Mさんの脳は、尻餅の衝撃でさえ激しく揺さぶられ、脳と硬膜をつなぐ静脈が振動で裂け、出血。同時に、破れたくも膜から流れ込んだ脊髄液が血液と混ざりあい、血腫ができてしまったのです。時とともに肥大化し、脳を圧迫し始めた血腫は、K・Mさんに様々な症状を引き起こしました。足がしびれたり、箸が上手く使えなくなったのは、血腫が「脳の運動中枢」を圧迫したのが原因。レジ前で突然計算が出来なくなったのも、さらに膨らんだ血腫が、計算を司る「頭頂葉」を圧迫したため。妻の声すら忘れてしまったひどい物忘れは、血腫が記憶を司る「側頭葉」まで圧迫したためでした。最終警告となった失禁は、血腫がこれまでにない大きさに成長し、脳全体が強い圧迫を受けたため。さらに限界まで巨大化した血腫の圧力は、呼吸を司る脳幹をも圧迫。ついに脳幹を押しつぶした瞬間、K・Mさんの心臓は停止。帰らぬ人となったのです。「慢性硬膜下血腫」の怖さは、頭を直接打たなくても、知らないうちに血腫が生まれ、肥大化してしまうことなのです。」(引用ここまで)

さて、尻餅の衝撃が引き金になるとは、これまた衝撃的。
もちろん、尻餅は番組の構成上、象徴的な出来事なのであって、おそらくこれに似た様々な刺激が引き金になるのだろう、とは想像に難くない。それほどの衝撃で、知らないうちに血腫が生まれることがあるのだと思うと、頭をぶつけるなんぞは以ての外…ということになる。

もちろん、それ以前に多量のお酒があったことが遠因なのだと思おうが、ここまでくると大人になって覚える酒・タバコにいいことは何一つ無い…とても悲観的になってしまう。

大人になるということは、寿命という意味で確実に死に近づくことでもあるのだが、その原因となるさまざまな体に良くないことを覚えることでもあるとは。

小生、タバコは絶ったが、アルコールは依然として継続している。
タバコは楽しみ…ではなかったが、アルコールは量さえ間違わなければ、心や体やを癒してくれる…と信じているのだが、それとて、やはり量と相談してのことか。

ある程度、年を取れば少しくらいは手足が痺れたり、物忘れしたり、は当たり前…なんてたかをくくっていてはダメなようだ。

頭に来たら何事も ”The End”
だから、気も長くして、頭に来ないような生き方をしたいものだ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 怖~い病気のお話 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


template by
http://flaw.blog80.fc2.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。