07 << 2017/08 >> 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
素人による素人のための健康レビュー!! TV・ラジオでオンエアされた今一番ホットな「怖~い病気」を仮想クランケになってレビューします。なお、当ブログは番組レビューによる雑文集です。ご自身の健康問題に関しましては、専門の医療機関にご相談ください。
スポンサーサイト
-- ----- -- --:--:--
[ スポンサー広告 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- │  comment: --
概日リズム睡眠障害
2008 04-14 Mon 00:00:01
[ 夜更かし ]
06/06/13オンエア / 本当は怖い家庭の医学より 朝日放送
『本当は怖い夜更かし』

思わず、「夜更かし」に目を奪われて、レビューのテーマにしてしまった。

番組お得意のドラマ仕立てが面白い。
長編の連続サスペンスドラマにはまり、寝るのはいつも深夜3時近く…、週末の夜といえばDVDを借りまくって見続け、その分、昼間はぐっすり眠る…という設定だ。

若い頃って、DVDがビデオだったり、連続サスペンスドラマがYouTubeだったりの差こそあれ、ありがちな話ではないのかな、という感想だ。
私も、働きながらドラクエⅢを夜通しやってた口だから、他人事ではない。
ただ、幸か不幸か体力が伴わなくなってので、そんなに無理をしない、ではなく、無理できない。

さて、その症状だが、これは極めて分りやすい。
(1)朝起きられない、(2)頭痛、(3)夜なかなか眠れない、(4)徹夜明けでも眠くならない、(5)うつ状態
と、並んでいる。

では、どんな病気というか障害なのだろう。遅くなったが、「がいじつりずむ すいみんしょうがい」と読むとのことだ。

この概日リズム睡眠障害だが、まず概日リズムとは?
これは、朝は予定した時間に起きられ、夜はキチントした睡眠がとれるよう予定した時間に眠ることができる…、そして、毎日、望んだとおり同じ時間に睡眠したり、目が覚めたりでき、さらには、必要に応じて睡眠や目覚める時間に適応することができる…、ざっとこの辺りを「概日リズム」を持つ人、というらしい。

初めての言葉だけれど、ごく当たり前の生活ができる人のリズムを専門的に言うとこうなるというから、医者とか専門家はややこしい。

さて、番組の解説では次の通りだ。(以下、同番組HPより抜粋して引用)

「この病の発症には、人間が規則的な睡眠を続けるために欠かせない、ある脳内物質が大きく関わっています。それが、メラトニン。メラトニンとは、眠気を引き起こし、睡眠を促す作用を持つホルモンの一種。通常は夜暗くなると活発に分泌され、自然と眠りに落ち、朝日を浴びるとともに分泌が減り、活動できるようになります。ところがI・Mさんの場合、夜更かし生活によって、脳が誤作動を起こし、メラトニンの分泌リズムが徐々に遅く、ずれていきました。そこへ追い討ちをかけたのが、朝までDVDを観て、昼間寝るという週末の昼夜逆転生活。本来、メラトニンの出る夜に起き続け、昼間眠る。そして月曜の朝、無理矢理起きる。そんな生活を半年以上に渡って続けたI・Mさん。その結果、彼女のメラトニンの分泌リズムは、修正不可能なまでに破壊されてしまったのです。こうして、朝起きられない、夜眠れないといった症状が現れました。さらに、睡眠不足が自律神経の異常を引き起こし、あの頭痛という症状が。そしてついには、夜全く眠れなくなるまで病を悪化させてしまったのです。近年、テレビやパソコンなどの普及に伴い、ますます就寝時間が遅くなっている日本人。患者は増え続け、いまや日本人のおよそ5人に1人が何らかの睡眠障害を抱えているともいわれているのです。」(引用ここまで)

ここでもまた、驚愕の数字。
5人に1人というからには、他人事ではない。

そういえば、友人の一人にこれに似た例があったことを思い出した。
正確にこの「概日リズム睡眠障害」に該当するかの診立ては別にして、その影響として会社に遅れる、会社でボーットしてる、ミスし易い、だから上司に注意される、反発する…それらの繰り返しで、結局は辞めざるを得なかった、その彼のことを思い出した。

そんな部下がいたら、私としては願い下げだが、しかし、5人に1人とは、またまた辺りを見渡してしまった。

「概日リズム」などと小難しく言わなくとも、要するに、私たちなら単に睡眠障害という。
それであれ、規則正しい睡眠習慣が大切なこと、無理に寝ようとしないこと、そして朝起きる時間を一定にすること、朝日をキッチリ浴びること…と、小中学校のテキストにありそうな生活習慣の規律で対応できないか。どこかで、読んだけれど「朝日をキッチリ浴びる」これが結構、大切なようだ。
さらには、朝食をキチンと摂ること、昼寝は短時間に(30分以内といわれます)、夏休みの心得のようだ。

これでもダメだったら、あとは医者に任せるしかないんでしょうね。
最後に先の友人の例だが、本人はその習慣がマズイということは百も承知していた。
では、その夜更かしの原因は…、本人の言を借りればマージャンとカラオケとのことだ。

心当たりの向きは、よくよく他山の石とされよ。


スポンサーサイト
copyright © 2005 怖~い病気のお話 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


template by
http://flaw.blog80.fc2.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。