09 << 2017/10 >> 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
素人による素人のための健康レビュー!! TV・ラジオでオンエアされた今一番ホットな「怖~い病気」を仮想クランケになってレビューします。なお、当ブログは番組レビューによる雑文集です。ご自身の健康問題に関しましては、専門の医療機関にご相談ください。
スポンサーサイト
-- ----- -- --:--:--
[ スポンサー広告 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- │  comment: --
橋本病
2008 04-12 Sat 00:00:01
[ 便秘 ]
04/07/06オンエア / 本当は怖い家庭の医学より 朝日放送
『本当は怖い便秘』

今回も、『本当は怖い便秘』の次には、サブタイトルが付されていたのだが、私の一存でカットした。なぜなら、訳も無くおどろおどろしく番組としては視聴率のことなどあって煽り立てる狙いだろうが、ここでは趣旨が異なると考えたからだ。
ただ、参考までに~私の人生返して!~となっていた。
書かない方がよかったかな(笑)

もうひとつ、「便秘」をテーマにした番組構成が「肩こり」と並んで多いことにも気づかされた。それだけ、肩こり、便秘の主が多いということか、諸症状の兆しとなる例が多いということか。いずれ、肩こりも便秘も再び登場する予定だ。

さて、本論に。
例によって、症状が挙げられる。
(1)便秘、(2)肌荒れ、(3)冷え性、(4)だるさ、(5)以上(1)~(4)の症状が10年以上続く、(6)無気力、(7)複数の病院にかかったが症状が治まらない

これに対して、私には聞きなれない「橋本病」と診断する筋書きだ。

ここで、橋本病について、同番組の解説は次の通りだ。(以下、番組HPより引用)

「橋本病とは1912年に橋本策博士が発見した病気です。聞き慣れない名前ですが、実は日本人の30人に1人がかかっているといわれ、しかもその9割が女性なのです。橋本病とは一体どんな病なのでしょうか?私たちの体には喉の付け根の部分に、甲状腺という蝶の形をした臓器があり、ここで作られた甲状腺ホルモンが全身の細胞や臓器の新陳代謝を促しています。ところが、橋本病になると、原因はわかっていませんが、何らかの理由で免疫機能が異常をきたし、甲状腺を攻撃。甲状腺が炎症を起こし、破壊されてしまいます。その結果、甲状腺の機能が低下、ホルモンの量が減少し、全身にさまざまな症状をもたらすのです。便秘、肌荒れ、冷え性、さらにだるさや無気力感など、K・Mさんを襲ったさまざまな症状は、すべてこの甲状腺ホルモンの減少によって引き起こされたものでした。では一体なぜ、K・Mさんの橋本病は、複数の病院で検査を受けたにも関わらず、発見されなかったのでしょうか?実はそれこそがこの病のもっとも恐ろしいところ。橋本病など、甲状腺異常の病は、専門医でなければなかなか気づくことが難しいと言われているのです。さらにその症状も、便秘や肌荒れなど、一般的な婦人病とそっくり。ほとんどの人が婦人科、皮膚科、精神科などの病院を転々とする出口のない迷路に入り込んでしまいます。これこそ「ドクターショッピング」と呼ばれる悪循環。K・Mさんの場合、最初の便秘から20年も経ってから、総合病院で橋本病が発見されました。実は、橋本病でもK・Mさんのように全身に症状が出るのは3割から4割。多くの人々は炎症に気づかないまま、悪化させてしまいます。橋本病はきちんと薬を飲めば、症状は改善に向かいます。だからこそ病のサインを見逃さないことが重要なのです。」(引用ここまで)

実にためになる。「ドクターショッピング」という言葉も初めて知った。つまり、掛かっている医師を信用できずに次から次へと違う医療機関にかかることを指す言葉だという。

さて、この橋本病だが、一般的に病名は知られているのだろうか?
参考までに、Wikipediaを引いたが、その言葉自体ではヒットしなかった。言葉が使われている解説や論文がヒットしている程度で、残念だった。

様々、ネット上で読んでみたが、どうも甲状腺という単語が目に留まる。
加えて女性に多いということ。

しつこい便秘に悩まされたり、肌荒れしたり…そんな有りがちな症状を放っておくと、番組の調子ではないが「大変なことになりますよ…」だ。
「たかが便秘だから、薬で治すしかないかな」
などと簡単に考えない方がいい。
身の回りにもそうした方がいらっしゃるから、お節介を覚悟で一言声を掛けて上げようと思う。

スポンサーサイト
copyright © 2005 怖~い病気のお話 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


template by
http://flaw.blog80.fc2.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。