04 << 2017/05 >> 06
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
素人による素人のための健康レビュー!! TV・ラジオでオンエアされた今一番ホットな「怖~い病気」を仮想クランケになってレビューします。なお、当ブログは番組レビューによる雑文集です。ご自身の健康問題に関しましては、専門の医療機関にご相談ください。
スポンサーサイト
-- ----- -- --:--:--
[ スポンサー広告 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- │  comment: --
再び「ゲップ」のこと
2011 02-13 Sun 20:00:33
[ ゲップ ]
久しぶりのアップに際して、当サイトを訪問して下さった皆さんのことを改めて確認してみた。

確認といっても、訪問者数を見たりする程度と思ったいたら、分析の結果の中に「検索ワード」や「検索フレーズ」というカテゴリーがあって、それを参照したところ、「病気」と「ゲップ」が圧倒的であった。

「病気」というワードで当サイトがヒットすることは予想に難くないが、しかし、意外だったのは「ゲップ」である。

当サイトでも
「噛みしめ呑気症候群」
として、2006年8月1日に放送された「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」(テレビ朝日系)を参照している。

Wikipediaでは、空気嚥下症(くうきえんげしょう)として採り上げられている。
つまりは、空気を大量に飲み込んでしまうことによって、げっぷがたくさん出たり腹部膨満感を覚える状態のことで、呑気症(どんきしょう)と呼ばれるとのことだ。

要するに、空気を一杯吸い込んだら、その出口は上か…、下か…、という少々乱暴な素人解釈が成り立つわけなのだが、当サイトに関する限り検索ワードとして「ゲップ」がヒットするということは、それ程の関心事ということか、はたまた、「ゲップ」を採り上げたサイトがそもそも希少のものということなのか…

ただ、言えることは検索エンジンに対して「ゲップ」と入力している御仁が大勢いるという事実だ。

さて、改めて「ゲップ」は「おなら」に匹敵する生理現象などと軽んじてもおられまい…とする皆さんなら、まずは消化器系の診察を…と勧める同系のサイトが大半であることも記しておこう。


と、当サイトも今後にボチボチ書き加えていきたい。




スポンサーサイト
心配しないで…
2011 02-12 Sat 00:00:33
[ オムニオバス ]
「怖~い病気」が原因で長期ブランク…してました。
ぼちぼち再開します。
仮面うつ病
2008 05-15 Thu 00:00:05
[ のどの渇き ]
04/05/11オンエア / 本当は怖い家庭の医学より 朝日放送
『本当は怖いのどの渇き』

初めて聞く病名が多い中で、「仮面うつ病」というのも初めてだ。
番組では、「部長に抜擢」されて、「社運をかけたプロジェクトを任される」ことになった、「会社の期待」、「率先してチームを引っ張って」、などの言葉が踊っている。実生活を送る中で、そんなに特殊な例でも無かろうに。大なり小なり、会社組織その他に属して、何らかの役割を担っている人であれば出くわすケースではないかと思う。

症状として掲げられているのは次の通りだ。(1)のどが渇くの他に、(2)のどの違和感、(3)眠れない、(4)記憶力の低下、(5)味を感じない、(6)皮膚のただれ、とある。

そもそも「うつ病」だけで引いてみれば、「気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。(Wikipedia)」とある。大概はストレスが引き金となって、長期間にわたって気分が落ち込んだ状態が続き、家から出られなくなったり、日常生活に支障をきたしてしまうという心の病との理解でいる。
では、「仮面」と冠されると何が、どう違うのか。

番組HPによれば、こうだ。
「(番組の例における)M・Hさんにはうつ病特有の精神症状はなく、充実した日々を送っていたはず…。が、実はそこに大きな落とし穴があった。M・Hさんの病名は「仮面うつ病」。気分の落ち込みなど、うつ病特有の精神的な症状がほとんどないため、うつ病の中でも特に発見しづらい病なのだ。M・Hさんの場合、昇進という環境の変化が大きなストレスとなりました。しかし、頑張り屋のM・Hさんはストレスの自覚がなく、知らないうちにそのストレスが蓄積されていきました。やがて、蓄積されたストレスは脳に多大な悪影響をおよぼすようになります。大脳では思考や感情、身体の機能をコントロールするため、様々な神経伝達物質が情報をやりとりしているが、過度のストレスを受けると働きが鈍り、誤作動を起こしてしまう。M・Hさんが感じた「異様なのどの渇き」、「のどの違和感」 「味覚障害」などは脳の誤作動により、自律神経が異常をきたし、だ液が出づらくなっていた結果、現れた症状。さらに「記憶力の低下」や「睡眠障害」、「皮膚のただれ」も免疫系など様々な場所に影響をおよぼした結果だったのだ。そして、最悪のケースは突然の自殺衝動にかられてしまうこともあるのです。」(引用ここまで)

素人考えだが「うつ病」が「仮面」を付けている…となれば、うつ病の症状が表に現われないという意味か。当たらずとも遠からず、というか、「うつ病の中でも特に発見しづらい病」とあるから、外れてはなさそうだ。だからと言って、素人が対策できるのか? といえばそう簡単ではない。

まさか、小生の場合に、ときどき緊張すると唾液が出づらくなって、声が出しづらくなることがあるが(笑)
「誰だって、場慣れしない畏まった席で話するときには、緊張するもんだ…」
この件で友人に話をしたら、そう言ってくれた。
「そんな場合は、みんな同じだ」
と。

ただ、のどの渇きは他の病気の症状を呈しているかもしれない。

よくよく注意されることが肝要だ。



copyright © 2005 怖~い病気のお話 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


template by
http://flaw.blog80.fc2.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。